アンチエイジングで頬のたるみやシワを解消!簡単格上げケア

アンチエイジングで頬のたるみやシワを解消!簡単格上げケア

アンチエイジングで頬のたるみやシワを解消!簡単格上げケア

アンチエイジングで頬のたるみやシワ解消

 

30代も半ば、
そろそろアンチエイジングを気にした方がいいかな。

 

 

そう思っても
「実際アンチエイジングって何をすれば良いんだろう?」
こんな疑問ありませんか。

 

 

そもそもアンチエイジングとは
直訳すると老化に抵抗することです。
最近の使い方は老化現象を抑えるという意味合いが強いですね。

 

 

アンチエイジングのジムやエステも大事ですが
老化を防ぐアンチエイジングは食生活が肝心です。

 

 

アンチエイジングになる3つの食生活
  • 生姜と葛湯
  • オイルを選ぶ
  • 腹八分目

 

 

生姜と葛湯

 

生姜

 

体温をあげてくれ代謝を助けてくれます。

 

人間の身体は体温が1度下がると
免疫は約30%も衰えてしまうんです。

 

 

体温が低くなると血流が滞ります。
細胞への栄養吸収が衰え新陳代謝が悪くなるんです。

 

 

新陳代謝が滞ると老廃物が溜まり
頬のたるみやシミやシワの原因になります。

 

 

生姜は頬のたるみやシワの大敵である
【冷え】を改善してくれるのです。

 

 

生姜で上がった体温は下がりづらく即効性が高いのもポイントです。
また脂肪も分解してくれるなど抗酸化力が高い。
アンチエイジングの食材なんです。

 

 

そしてポリフェノールと一緒に摂る事で
身体の代謝機能はそのまま継続して保たれる事が言われています。

 

 

 

葛粉(くず粉)

 

ポリフェノールがたっぷりで

  • ビタミンEの100倍の抗酸化力を持つブエラリンを含有
  • 活性酸素を抑制するファイトケミカルが豊富

 

 

この生姜と葛粉を一緒に飲む【生姜葛湯】
アンチエイジングに欠かせない日々の習慣に取り入れたい一品です。

 

 

材料

  • 葛粉:10g(ティースプーン2杯)
  • 生姜すりおろし:小さじ1/2(好きなだけ)
  • 水:150cc

 

作り方

  • 水に溶かして一度沸騰させる(沸騰させる事で生姜も葛もパワーが倍増します)
  • お好きな甘みを少し(蜂蜜やアガベシロップなど自然の甘みを少量)

 

 

 

オイルを選ぶ

 

日常的に使うオイルを変えるのも
アンチエイジング対策の一つです。

 

 

油には

  • 炎症作用を促進させる油
  • 細胞膜の成分になる良質な油

があるんです。

 

 

 

飽和脂肪酸

 

飽和脂肪酸は牛肉や豚肉や乳製品などの
動物性の脂肪に多く含まれています。

 

 

飽和脂肪酸は私たち人間の体内でも合成できるもの。
摂りすぎに注意しなくてはならないものです。

 

 

 

不飽和脂肪酸

 

不飽和脂肪酸はさらに

  • オメガ3系脂肪酸
  • オメガ6系脂肪酸
  • オメガ9系脂肪酸

に分けられます。

 

 

オメガ3系とオメガ6系脂肪酸は体内で合成されない!
食事から補う必要のある必須脂肪酸です。

 

 

どちらも細胞膜の材料になるもの。
オメガ3系の脂肪酸は細胞膜の柔軟性を高めるのに対し、
オメガ6系脂肪酸は細胞膜を固くする正反対の性質をもっています。

 

 

この成分の摂取するバランスが大変重要になってきます。

 

 

私たちの細胞の細胞膜は

  • 栄養の取り込み
  • 老廃物の排出
  • 細胞同士の情報の伝達
  • 細菌やウイルスなどの侵入を防ぐ

など私たちが生きていく上で基盤となる
重要な役割を果たしています。

 

 

筋肉や血管、心臓はそのしなやかさが重要で
これらが正常に機能するには細胞膜の柔軟性が必須
になっているからです。

 

 

その理想的なバランスは
「オメガ3系:オメガ6系が 1:4 」
と言われています。(厚生労働省)

 

 

オメガ6系に偏った生活をしていると

  • 細胞がレンガのように固くなり柔軟性が失われる
  • 老廃物や栄養素のやり取りが滞る

一方オメガ3系の偏れば

  • 細胞膜にハリがなくなる

ということです。

 

 

このオメガ6系の油

  • 紅花油
  • サラダ油
  • コーン油
  • ごま油
  • マヨネーズ

一般的に家庭や外食産業で使用されているものばかりです。

 

 

オメガ3系の油

  • サバやイワシなどの魚に多く含まれている油
  • 亜麻仁油
  • シソ油

伝統的な日本食を食べる生活をしていれば理想的なバランスです。

 

 

魚介に含まれているDHAやEPAは
共にオメガ3系の多価不飽和脂肪酸!
食事からしか摂取することの出来ない必須脂肪酸です。

  • 血栓が出来るのを抑制し血液をさらさらにする
  • 毛細血管のような狭い所でもスムーズに血液が流れる
  • 肌のターンオーバーや新陳代謝を活発にする

摂取する油で細胞のしなやかさ、
つまり、肌の弾力やハリが大きく変わってくるんです。

 

 

しかし現在のような欧米の食生活では
1:10 又はそれ以上に偏っています。

 

 

意識をしてオメガ3系の油を取り入れた食生活こそ
アンチエイジングなんですね。

 

 

オメガ3系や6系は加熱に不向きなので
サラダなどのドレッシングで使ったりしてください。

 

 

これらの油を選ぶ際は
「低温で圧搾(コールドプレス製法)」
してあるものを選びましょう。

 

 

安価な油は薬品で抽出している場合が多く、
その薬剤が油に残っていたり
酸化してトランス脂肪酸を含むものになってしまう
可能性があるからです。

 

 

 

トランス脂肪酸は避けるべし

 

そして最もさけるべき油はトランス脂肪酸!
これはマーガリンやショートニングに多く含有。

 

 

このトランス脂肪酸は
常温では液体になり酸化しやすい性質の植物油を
扱いやすくするために水素を添加して無理矢理性質を変えた
人工的な不自然な油になっているのです。

 

 

この構造はプラスチックによく似ていると言われます。

 

 

細胞膜は脂質で構成されている為にトランス脂肪酸が入り込むと

  • 細胞膜の構造が不完全になり細胞自体の働きを弱めたり
  • 細胞に必要なものが流出してしまったり
  • 逆に身体に有害な物質を侵入させやすくなってしまう
  • アレルギーやアトピーなどの原因

ではないかとも言われています。

 

 

 

腹八分目

 

身体の酵素は大きく分けて消化酵素と代謝酵素の2つです。
「代謝酵素は細胞の新陳代謝を促す酵素」
肌のターンオーバーもこの酵素がないと働きません。

 

 

「消化酵素は文字通り食べた物を消化する為に使われる酵素」
いつもお腹いっぱいに食べたり
インスタントなどの添加物類を食べると
この消化酵素に大半の酵素が使われるため
代謝酵素が減ってしまいます。

 

 

逆に消化酵素の浪費を抑えると
その分、代謝酵素へまわされるので身体の代謝がアップします。

 

 

  • 腹八分目でよく噛んで食べる
  • 消化酵素の使用が少なくなる
  • 代謝酵素へ回る量が増える

このように身体の土台からアンチエイジングを施すことが
スキンケアや化粧品のアンチエイジングケアで
本来の効果を発揮できると言えるのです。

 

 

 

 

頬・まぶたのたるみ改善サプリのオススメランキング

エイジングリペア

エイジングリペア

 

必須アミノ酸が豚の296倍ある馬プラセンタ使用!
無農薬で放牧されていたキルギス産馬で安心!
たっぷり1粒180mgのプラセンタ配合量!
ヒアルロン酸やコラーゲンなどプラセンタ以外も豊富に配合!
90日間の返金保証付きなので効果が出るまで試せる!

 

価格

配合量

内容量

その他

4,400円+税

送料:無料

1包180mg

30包(1包4粒)

キルギス産の馬

90日間返金保証付

 

公式サイトボタン

 

 

 

マカプラセンタ

マカプラセンタ

 

遺伝子が人間に近い豚プラセンタ使用で吸収率が高い!
必須アミノ酸が豊富なマカをさらにプラス!
製造は国内工場なので安心安全!
初回1袋500円なので手軽に試せる!
今なら増税分はサービス!

 

価格

配合量

内容量

その他

初回500円+税

送料:無料

1粒100mg

30粒

完全食マカ配合

 

公式サイトボタン

 

 

 

CoCoRoプラセンタ

cocoroプラセンタ

 

必須アミノ酸が豚の296倍ある馬プラセンタ使用!
プラセンタは純度100%の原末使用なので効果が高い!
抗酸化成分や美白成分も追加で配合!
1粒にプラセンタ原末が100mgも入ってる!
30日間返金保証付きで安心(定期購入のみ)

 

価格

配合量

内容量

その他

7,600円+税

送料:無料

1粒100mg

30粒

30日返金保証付

純度100%の原末

 

公式サイトボタン

 

 

 

 

 

>>>頬・まぶたのたるみ改善方法|サプリだけでたるみはとれる!TOPへ戻る


トップページ プラセンタランキング お問い合わせ プロフィール