プラセンタの摂り入れ方

プラセンタの3つの摂り入れ方|最適な方法とは

プラセンタの3つの摂り入れ方|最適な方法とは

 

頬・まぶたのたるみ改善のためには
プラセンタの摂り入れ方も重要です。
どの方法が最適か調べました。
それぞれのメリット・デメリットをまとめていきます。

 

 

まず、プラセンタの摂り入れ方は3つあります。

  1. サプリメント(錠剤・ドリンク)
  2. 化粧品(化粧水・ファンデーションなど)
  3. 注射

 

 

それぞれを詳しく見ていきます。

 

 

 

サプリメント(錠剤・ドリンク)

プラセンタサプリメント

 

サプリメントと言えば
基本的には錠剤やカプセルですが、
ドリンクで取るタイプもあります。

 

 

錠剤とドリンクでも
特徴が若干違うのでそれぞれ分けて考えます。

 

錠剤・カプセルタイプ

 

メリット

  • 飲むだけ簡単、続けやすい
  • 薬局やネットで買えるので手に入りやすい
  • 値段が安い(ドリンクや注射に比べ)

 

デメリット

  • 効果が出るまで少し時間がかかる(ドリンクや注射に比べ)

 

プラセンタサプリメントのドリンクタイプ

 

ドリンクタイプ

 

メリット

  • 飲むだけ簡単、続けやすい
  • 薬局やネットで買えるので手に入りやすい
  • 錠剤よりは効果が出るのが早め

 

デメリット

  • 錠剤・カプセルタイプより価格が高い

 

 

 

化粧品

プラセンタ配合のメイク道具

 

化粧品は
スキンケア用の化粧水や美容液・クリームに入っていたり、
メイク用品のファンデーションなどに入っているものがあります。

 

 

それらを利用することで
プラセンタを体の外から摂り入れることができます。

 

メリット

  • 直接肌につけるので美容効果は高い
  • 化粧品を置き換えること以外は何もする必要がない

 

デメリット

  • 付けた場所にしか効果が無い
  • 美容効果以外は得ることができない
  • サプリメントに比べ粗悪品の割合が多い

 

 

注射

プラセンタの注射

 

病院やクリニックに行って
直接肌に注射してプラセンタを摂り入れる方法があります。
芸能人やモデルさんなどが
結構利用しているという話は聞きますね。

 

 

感染症のリスクは限りなく低いものの
ゼロではないので献血できなくなるのが
一番のデメリットでしょう。

 

メリット

  • 効果の高さは一番!

 

デメリット

  • わざわざ病院やクリニックに行く必要がある
  • 費用が高い
  • 通院する必要があるので面倒
  • 献血できなくなる

 

 

 

 

以上がプラセンタの摂り入れ方ですね。
やはりサプリメントで摂りいれるのが
手軽さとコスパを考えると一番でしょう。

 

 

 

 

>>>頬・まぶたのたるみ改善方法|サプリだけでたるみはとれる!TOPへ戻る


トップページ プラセンタランキング お問い合わせ プロフィール