目元のしわを解消するオススメアイクリームと選び方!

目元のしわを解消するオススメアイクリームと選び方!

目元のしわを解消するオススメアイクリームと選び方!

 

目の周りの皮膚ってどのくらい薄いか知っていますか?

 

 

実は卵の薄皮くらいしかありません。
しかも皮脂が殆ど出ない乾燥地帯です。
さらにまばたきで起きている間は常に動かし続け、
その上崩れにくいアイメイクやマスカラや付けまつ毛でメイクし
毎日目元に負荷を掛けています。

 

 

ちなみにまばたきは1分間で約20回、
1日に14400回もしているのです!

 

 

さらにさらに最近はパソコンやスマートフォンを
長時間見ている方がほとんどで
眼精疲労もプラスされています。

 

 

これで目元にしわができないっておかしいですよね・・・。

 

 

このように砂漠の中で重労働させられているのと同じくらい
酷使されているのが目元なんです。
加齢によってシワが出来てくるのも頷けますよね。

 

 

だからと言って諦める必要はありません。
効果的なアイクリームを使うことで目元のしわは改善できます。

 

 

 

 

目元にピンッとハリ!アイクリームでシワが薄くなる理由とは?

目元のしわを発見してしまった女性

 

毎日のスキンケアで保湿クリームを使用する方が殆どだと思いますが
目元には絶対に使ってはいけません。

 

 

なぜダメなのか?

 

 

それは保湿クリームには
目元の薄い皮膚には刺激が強いものが多いからなんです。

 

 

そこで是非目元のシワ対策に使って欲しいのが「アイクリーム」です。

 

 

このアイクリームは量が少ない割には高価!
ってイメージありますよね。

 

 

わたしもそうでした(笑)
でもコレだけ酷使している目元だからこそ
スペシャルケアが必要だったんですよね。

 

 

このアイクリームは目元の薄い皮膚用に作られているので
肌トラブルが起こりにくいです。
更に乾燥しやすい目元のために
保湿成分やシワに効果のある成分が含まれています。

 

 

その中でも目元のしわ対策で最も重視したい成分があります。

 

 

 

 

目元のしわにはレチノール。コレ絶対。

 

特に注目したいのはビタミンAの一種であるレチノールです。
ビタミンAは抗酸化作用や美白成分で知られていますが、
目の粘膜や皮膚の粘膜に必須なビタミンなんです。

 

 

さらに新陳代謝に大きく関わっていて
損傷した細胞を修復してくれたり、
コラーゲンやヒアルロン酸やエラスチンを合成する時に
繊維芽細胞を刺激して生成を促してくれる役目があるんです。

 

 

簡単に言うとビタミンAって
肌のハリを復活させ、シワもシミも防ぐ
お肌に超重要な成分なんです。

 

 

でもこのビタミンAは刺激が強くて
空気に触れると酸化しやすいので
化粧品には改良されたビタミンAが使用されています。

 

  • 酢酸レチノール
  • パルミチン酸レチノール

 

という成分が主に記載されています。
刺激を弱めてお肌への吸収を良くしているんですね。

 

 

そんなレチノールがアイクリームには豊富に含まれています。

 

 

皮脂がほとんど出ない部分である目元に
潤いはハリを与えるための
コラーゲンやヒアルロン酸やエラスチンを増やすように
繊維芽細胞に働きかけてくれるのです。

 

 

それに加えて乾燥しやすい目元用に保湿成分が配合されています。
セラミドやヒアルロン酸は水分保持力があるので
お肌の水分を保持してくれます。

 

 

 

保湿も大事

 

またペプチド(成長因子)と呼ばれる
アミノ酸のつながったものが含まれているものは
お肌のハリと弾力を整えてくれます。

 

 

アミノ酸は分子量が大きいので肌に浸透しませんが
皮膚に浸透しやすいように分子量が小さくしてある
合成ペプチドという成分がアイクリームには使用されています。

 

 

お肌に浸透しやすくお肌のハリや弾力を改善してくれたり、
まばたきで酷使している表情ジワにも効果があると言えます。

 

 

成長因子は生体内に存在している大きな分子量の
情報伝達物質で繊維芽細胞を増やす働きがあります。

 

 

しかし加齢と共に減少していってしまうので
スキンケアでお肌に補給してあげる事でシワに効果があるんです。

 

 

これらの成分が含まれているかをチェックしてアイクリームを選ぶと
目元のシワに効果的なアイクリームを選ぶ事ができます。

 

 

 

 

アイクリームを塗るときはとにかく優しく!

 

目元の皮膚は卵の薄皮ほどの薄い皮膚なのでアイクリームを
塗る際は力を入れずにそっと力を入れない事が大切です。

 

シワがある部分には片方の手で皮膚を持ち上げて
シワの奥にクリームが塗れるようにする事もポイントです。

 

 

 

 

まとめ

 

目元のしわには「レチノール」「保湿成分(セラミドやヒアルロン酸)」
「ペプチド(成長因子)」が配合されたアイクリームを使うのが
改善に向けての一番の近道です。

 

 

手抜きして顔全体に保湿クリームを塗ると刺激が強く逆効果なので
特別に皮膚が薄い場所だからこそスペシャルケアをして、
目元のしわを薄くして若々しさを保っていきましょう。

 

⇒目元のしわ対策に生レチノール配合のアイクリームはコチラ。

 

 

 

 

 

>>>頬・まぶたのたるみ改善方法|サプリだけでたるみはとれる!TOPへ戻る

関連ページ

シワに効くサプリメントの選び方!オススメはプラセンタ!
シワに効くサプリメントの選び方とオススメをまとめました。シワがあると老けて見られるし、化粧崩れしやすくなるし、で厄介ですよね。でもプラセンタサプリメントなら若々しいハリのある顔を取り戻せます!
口元のしわ、原因と対策|クッキリ刻まれて老け顔になる前に
口元のしわの原因と対策をまとめました。仕方ないと諦めて口元のシワをそのままにするとクッキリ深く刻まれてどんどん見た目が老けてしまいます。シワの無いピンッとハリのある肌を作ることで年齢より若く見られる魅力的な表情と自信を手に入れましょう!
男性のしわ対策に使うべき化粧品と正しいスキンケア方法!
男性のしわ対策に使うべき化粧品と正しいスキンケア方法をまとめました。そのまましわを放置すると老け顔・疲れ顔になって男としての魅力が激減します。効果のある化粧品を選んでダンディーな魅力で年下の女性からモテるようになりましょう。
目元のしわ改善方法!老け顔になる前に今すぐ対策!
目元のしわ改善方法をまとめました。目元のしわはコンシーラーやファンデがヨレたりすることもあり、ホントに厄介。放っておくと老け顔にも。若々しいハリのある顔を維持するためにも今すぐ対策しましょう。ポイントは日々の生活習慣の改善とサプリメントです。
おでこのしわを消す方法|ピンッと張ったキレイな額に!
おでこのしわを消す方法をまとめました。どんどんシワは深く濃くなって目立つと、女性なのにオジサンのような印象を与えてしまったりします。キレイなおでこを取り戻し、若々しい見た目を維持できるようになりましょう!
おでこのしわ対策にクリーム選びの裏ワザ!これで完璧!
おでこのしわ対策にクリーム選びの裏ワザをまとめました。普通の保湿クリームではなく、あるものを使うと驚くほど効果がアップしてしまう方法があるのです。これでおでこのしわの悩みとはサヨナラできます。
首のしわをとる方法|首元まで年齢を感じさせない華やかさを
首のしわをとる方法をまとめました。首元のしわも意外と年齢が透けて見えやすかったり、老けてる印象を与える原因になります。首から上で若々しさを演出できるように顔から舌もしっかりケアしておきましょう!
しわ対策の万能薬プラセンタ。これでしわが無かったことに。
プラセンタはシワ対策の万能薬だと言えます。体の内側から細胞を活発化しピンッとハリのある肌を実現させてくれる栄養素がたっぷり。さらに健康にも効果的で見た目だけでなく体の中も健康になり若々しい人生を歩むことができます。
10代なのにシワ!10年後モテる人生のために今すぐ対策!
10代なのにシワができる原因と対策をまとめました。実年齢以上の老け顔にならないためにも小じわで治りやすい今のうちから対策して、キレイでハリのある顔を作っていきましょう。10年後モテる人生を過ごしたいなら今すぐ対策が必須です!
20代でシワが!まだ早くない?いち早くハリを取り戻す方法
20代ならまだしわが出るのはちょっと早い。にもかかわらず・・・若いうちからシワが増えてしまったら、今後どれだけ見た目が老けてしまうのかわかりません。女としていつまでもキレイで魅力的でいるためにも 今からしっかりケアをしましょう!
30代のしわ対策|初期のケアが今後のハリツヤを決める!
30代のしわ対策をまとめました。30代と言えばシワができ始める時期ですが、ここでどう対策とるかで今後の肌の若々しさが決まります。スキンケアと身体の内側からのケアでハリのある肌を維持し、いつまでも魅力的な女性でいられるようにしましょう。
40代のしわ対策|若く見える人は日常生活に秘密があった!
40代のしわ対策をまとめました。40代でもまだまだ若く見られたいですよね。同年代で素敵だなって思われる人にはある共通点があります。それを真似すればあなたも素敵で魅力的な40代を過ごせるはずです。
50代のしわ対策|健康体と魅力的な表情が若々しさの秘訣!
50代のしわ対策をまとめました。50代でも老け込んでいる人と若々しい人がいます。その差はシワの多さよりも健康体と魅力的な表情を持っているかどうかです。なので、シワを増やさないようにしつつも体のトータルケアを考えた対策をしていきましょう。
60代のしわ対策|骨を強くすることが病気もシワも防ぐ!
60代のしわ対策をまとめました。60代にもなればお肌の事より身体の病気や怪我の方が心配になる年齢とも言えます。でも、スキンケアにプラスして意識するだけでシワや病気の改善に役立つことが実はまだあるんです。

トップページ プラセンタランキング お問い合わせ プロフィール