頬のたるみをスキンケアで改善

頬やまぶたのたるみを改善するスキンケアの基本!

頬やまぶたのたるみを改善するスキンケアの基本!

スキンケアしている女性

 

スキンケアを正しく行えている自信がありますか?

 

 

頬やまぶたなど顔のたるみを改善するには
プラセンタサプリメントを摂取するだけでなく、
スキンケアを正しく行うとさらに効果的です。

 

 

また、スキンケアのやり方が間違っていると
たるみを引き起こしてしまうことも多いので注意が必要。
せっかく時間を使ってケアしているのに、
それが逆効果だったら嫌ですよね。

 

 

そこで今回は

  • たるみを改善するスキンケアの基本手順
  • たるみを改善するためにスキンケアで意識すべき2つのこと

お伝えします。

 

 

 

 

たるみを改善するスキンケアの基本手順

 

多くの方がすでに実践していると思いますが、
スキンケアの基本的な手順は以下の通りです。

 

スキンケアの基本手順
  • クレンジング
  • 洗顔
  • 化粧水
  • (美容液)
  • 乳液・保湿クリーム

 

 

化粧水〜乳液・保湿クリームのところで、
たまに順番が違っている人がいるのでそこは注意しましょう。
せっかくの美容成分が浸透しなくなっちゃいますよ。

 

 

また、最近はオールインワンタイプで
化粧水〜乳液・保湿クリームを
1個でケアできるものもありますね。
それはそれで効果があればOKです。

 

 

それでは、各手順のポイントを見ていきましょう。

 

 

クレンジング

たるみ改善クレンジング

 

クレンジングのポイントは

 

  • 肌を擦らずにメイクを落とすこと
  • 肌が乾燥しないクレンジング剤を選ぶこと

 

の2つです。

 

 

クレンジングの際に擦ってメイクを落とすと、
肌を傷つけ乾燥しやすくなってしまいます。

 

ゴシゴシし過ぎると
真皮のコラーゲンが破壊され、
どんどんたるみが大きくなることもあります。

 

 

また、クレンジング剤は界面活性剤やアルコールで
メイクを浮かび上がらせて落とすので、
肌の水分や必要な皮脂まで奪ってしまい乾燥しやすいのです。

 

 

そのため、
スルッとメイクが落ちる肌に
やさしいクレンジング剤を選ぶことが
何よりも大切です。

 

⇒スルッとメイクが落ちる肌にやさしいクレンジング剤の選び方・クレンジングのやり方

 

 

 

洗顔

たるみ改善石鹸

 

洗顔もクレンジングと考え方は同じで、

 

  • ゴシゴシせずに泡で肌にやさしく洗顔すること
  • 余分な汚れや皮脂を落とし、肌を乾燥させない洗顔料を選ぶこと

 

がポイントです。

 

 

黒ずみやニキビなどの肌トラブルが起きていると、
汚れを落とそうとついつい
ゴシゴシ擦った洗顔をしてしまいがちです。

 

 

が、真皮のコラーゲンを破壊し、
たるみに繋がるのでやめましょう。
泡だけが肌に触れるような優しい洗顔が大切です。

 

 

そのためにも、
キメ細かい濃密泡が簡単にできる上に、
しっかりと汚れが落ち
肌の潤いはキープする洗顔料を選ぶことが重要!

 

 

石油系合成界面活性剤など刺激のある成分は避けて、
保湿効果の高いものを選びましょう。

 

⇒肌にやさしい正しい洗顔方法・しっかりと汚れが落ち肌の潤いはキープする洗顔料の選び方

 

 

 

化粧水

たるみ改善化粧水

 

化粧水でのポイントは

 

  • 浸透力が高く角質層をしっかり保湿できること
  • コラーゲンやエラスチンの生成を助ける成分が含まれていること

 

です。

 

 

特に大切なのは浸透力です。
肌の表面上での保湿は乳液やクリームで補えますが、
角質層への保湿は浸透力の高い化粧水で行わないとダメだからです。

 

 

角質層を保湿すると肌のキメが整うので、
後の美容液や乳液などの美容成分の浸透力も上がります。

 

⇒化粧水の正しい使い方と選び方

 

 

 

(美容液)

 

たるみをケアする上で美容液は
30代以降であれば
肌に栄養を与えるために必要ですが、
20代など若いうちであれば必要ないので()付けにしました。

 

 

美容液でのポイントは

 

  • 肌に美容成分を補給し、コラーゲンの生成を促すこと

 

です。

 

 

化粧品の中でも美容成分が一番濃厚に入っているので
とにかくたるみに有効な成分が
多く入っているものを選びましょう。

 

 

美容液は成分が濃厚なので高価ですが、
使うならケチらずに良いものを選んだ方が良いです。

 

 

中途半端なものを選んで
効果が得られないぐらいであれば
美容液は使わずにその分のお金で
化粧水・乳液・保湿クリームを
少しランクラップさせた方が
スキンケアの効果は上がりますよ。

 

 

また、若いうちでも使えば効果はありますが、
化粧品の中でも比較的高価になるので、
20代以下なら美容液に頼るよりも
生活習慣を見直した方が
たるみ改善には効果的だと思います。

 

 

 

乳液・保湿クリーム

たるみ改善クリーム

 

乳液・保湿クリームのポイントは

 

  • 肌表面上で水分を保持し潤いを長時間キープする
  • 肌に蓋をして美容成分を逃がさない

 

ことです。

 

 

保湿成分には

 

  • 肌に浸透し保湿するもの
  • 肌表面で水分を保持し保湿するもの
  •  

の2種類があるので、
乳液・保湿クリームを選ぶときには
肌表面で水分を保持する保湿成分が
豊富なものを選びましょう。

 

⇒肌表面で水分を保持する保湿成分と乳液・保湿クリームの選び方

 

 

 

 

たるみを改善するためにスキンケアで意識すべき2つのこと

 

各手順でそれぞれポイントはありますが、
頬やまぶたなど顔のたるみ改善のために
スキンケアで意識すべきことはたった2つです。

 

たるみ改善でスキンケアで意識すべき2つのこと
  • 肌にやさしく真皮のコラーゲンを破壊しないようにする
  • とにかく保湿を怠らない

 

これらを意識することで、
余計なたるみの発生を防いで、
肌のターンオーバーを乱れさせないようにするので、
たるみ改善に効果が出てくるのです。

 

 

これまで意識してなかった場合には、
今後スキンケアをする際には意識しておきましょう。

 

 

 

>>>頬・まぶたのたるみ改善方法|サプリだけでたるみはとれる!TOPへ戻る


トップページ プラセンタランキング お問い合わせ プロフィール